2010年01月14日

香港で爆窃団5人の裁判、男3人が犯行認める(読売新聞)

 【香港=槙野健】東京・銀座の「天賞堂銀座本店」で大量の高級腕時計(約2億5000万円相当)が盗まれた事件で、逮捕された中国人5人の司法手続きが11日、香港の裁判所で始まり、実行犯とみられる男3人が犯行を認めていることが明らかにされた。

 起訴状によると、5人は実業家男・陳江耀(ちんこうよう)(52)、主婦・陳康に(ちんこうに)(37)、内装工男・蔡蘇文(さいそぶん)(50)、無職女・頼満嬌(らいまんきょう)(36)、無職男・周広桐(しゅうこうとう)(53)の5被告。9日に起訴された。中国出身の頼被告をのぞく4人は香港出身。また、ほかに女1人が逮捕されたが、9日釈放された。(「に」は女へんに「尼」)

 起訴状によると、5人は1月1日から7日にかけ、香港で、天賞堂で盗まれた腕時計135点であると知りながら、それらを協力して保持、運搬、売却した。

 また、裁判官は11日、男3人が、警察の調べに対し天賞堂で腕時計を盗んだと認めていることを明らかにした。

獣医の世界
k15g51pzのブログ
まさひろのブログ
つとむのブログ
官僚の夏
posted by rovhbdzq2t at 23:41| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

国幹会議の廃止法案提出へ=高速道建設、審議会などでチェック−国交省(時事通信)

 国土交通省は12日、これまで高速道路の建設を決定する場となってきた国土開発幹線自動車道建設会議(国幹会議)を廃止する法案を、18日召集の通常国会に提出すると発表した。同会議に代わり、専門家による審議会と国会で高速道路建設の妥当性をチェックする仕組みをつくる。
 同会議は国土交通相の諮問機関で、与野党の国会議員と有識者で構成する。高速道路建設の主な手続きを進めるには同会議の決定が必要だが、前原誠司国交相は「(国幹会議は)急に招集されて議論は数分」と批判し、廃止を表明していた。
 法案では、国幹会議の根拠となっている国土開発幹線自動車道建設法を廃止する。また、高速自動車国道法を改正し、高速道路建設の手続きを進める際は、国交相の諮問機関で有識者で構成する社会資本整備審議会での議論を義務付け、時間をかけて検討してもらう。 

【関連ニュース】
【動画】アクアライン探検隊、出動!
「大政翼賛会」は続かない〜民主・渡部元衆院副議長インタビュー〜
「小沢独裁」は作られた虚像〜民主・輿石参院会長〜
民主党と財務省の「一体化度」を検証する
「普天間」「習近平」「献金」で囁かれる「鳩山政権短命説」

営業マンのお仕事
こうじのブログ
携帯ホームページ
クレジットカードのショッピング枠を現金化
ショッピング枠現金化
posted by rovhbdzq2t at 11:30| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。