2010年06月11日

裁判員1号、被害者遺族への2千万円賠償命じる(読売新聞)

 全国初の裁判員裁判となった東京・足立区の殺人事件を巡り、被害女性の遺族が無職藤井勝吉・元被告(73)(懲役15年が確定)に損害賠償を求めた民事訴訟の判決が7日、東京地裁であり、植垣勝裕裁判長は請求通り2000万円の賠償を命じた。

 遺族側は2008年12月から施行された刑事裁判の担当裁判官による損害賠償命令制度の利用を同地裁に申し立て、同地裁は刑事裁判の1審判決後の昨年10月、約4700万円の支払いを元被告に命令。

 これに対し、元被告が異議を申し立てたため、通常の民事裁判に移行して審理されていた。

夏場所でも組長が観戦 大相撲(産経新聞)
富士樹海捜索で警視総監賞 警察犬クラーク号死ぬ 警視庁(産経新聞)
<菅内閣>消費者担当は荒井氏、少子化担当は玄葉氏が兼務(毎日新聞)
菅内閣発足 参院選に全力 60議席が勝敗ライン(産経新聞)
「素晴らしく、見飽きない星」=毎日リハビリ、体調は万全―野口さん、米で会見(時事通信)
posted by rovhbdzq2t at 19:15| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。