2010年01月16日

小沢氏の会見は「一転低姿勢」に なぜ?検察批判も封印(産経新聞)

 政治とカネをめぐる疑惑をどう語るかが注目された民主党の小沢一郎幹事長の12日の記者会見は、具体的な説明がなく、約20分間で打ち切るなど「小沢流」だったが、声を荒らげる場面はなく、丁寧な口調で国民に謝罪するなど意外なほどの低姿勢ぶりが目立った。

 昨年の会見などで繰り広げていた検察当局への批判も影を潜めた。「こじつけたような理由で検察権力を発動したのは政治的にも法律的にも公正を欠く」(平成21年3月4日会見)、「なぜ僕の事務所だけ強制捜査されたんだ。公平公正な権力の使用をしなくてはならない」(同年12月21日テレビ収録)と語ったことを考えると、12日の「検察当局はすべてご存じだ」という口ぶりは奇妙だ。

 小沢氏の変貌(へんぼう)ぶりに永田町では「追いつめられているのか、それとも、すでに検察側と取引をしているのか」(民主党関係者)と憶測が飛び交い始めた。

 昨年12月には首相就任を「拒む必要はない」(同テレビ収録)と語った小沢氏は、12日は「なる資格はない」と神妙。それでも民主党内からは「検察との手打ちのためか」(若手)、「闇将軍宣言?」(中堅)との声が出ていた。

【関連記事】
【小沢会見】土地購入問題「個別のことを申し上げることは差し控える」
首相や民団が外国人参政権で「推進大合唱」 原口総務相は慎重姿勢も
小沢氏が政治資金問題を陳謝 「違法行為はない」と弁明も
「理屈通らない小沢理論」帰化促進にはならず 外国人参政権
小沢幹事長に暴漢 「山形帰れ」? 若い男を拘束 JR高崎駅

土地購入問題 石川議員、立件額4億 強制捜査も検討 東京地検(産経新聞)
インド洋給油活動が終了=テロ特措法失効、8年で幕−海自撤収(時事通信)
<名古屋開府>400年記念展が開幕 市博物館(毎日新聞)
「一・一ライン」市川氏が公明の常任顧問に(産経新聞)
龍馬ゆかりの「いろは丸」、鞆の浦で就航(読売新聞)
posted by rovhbdzq2t at 12:47| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。