2010年01月21日

<名護市長選>新人と現職が立候補 普天間移設にも影響(毎日新聞)

 任期満了に伴う沖縄県名護市長選が17日、告示された。米軍普天間飛行場の県外移設を主張する前市教育長、稲嶺進氏(64)=民主、共産、社民、国民新推薦=と、自公政権が米政府と合意したキャンプ・シュワブ沿岸部(名護市辺野古)への移設を条件付きで容認した現職の島袋吉和氏(63)の無所属2人が立候補を届け出た(届け出順)。他に立候補の動きはなく、一騎打ちとなる公算が大きい。

 鳩山政権は辺野古移設も選択肢として残し、移設先を再検討しているが、選挙結果は移設問題に大きく影響する。24日、投開票される。

 普天間飛行場は96年、日米両政府が移設を条件に全面返還に合意。名護市は移設候補地となった。97年には市民投票が実施され、代替施設建設に反対が過半数を占めた。しかし、98、02、06年の市長選ではいずれも容認派が当選している。

 稲嶺氏は島袋市政に批判的な保守系市議が擁立し、反自公勢力が推薦。島袋氏は移設問題で歩調を合わせてきた仲井真弘多沖縄県知事や自民、公明が支援している。

 16日現在の有権者数は4万5521人。【三森輝久、井本義親】

【関連ニュース】
名護市長選:17日に告示…普天間移設問題に影響
岐阜市長選:政党が距離 民自公自主投票、異例の展開に
名護市長選:新人・稲嶺進氏と現職・島袋吉和氏が立候補
2010岐阜市長選:現職の細江氏、事務所開き /岐阜
名護市長選:17日告示 投開票は24日

鳩山内閣閣僚は小沢氏を擁護、検察・マスコミ批判、開き直りも(産経新聞)
田の中勇氏死去(声優)(時事通信)
<普天間移設>辺野古は困難…防衛相「越年で覚悟」(毎日新聞)
「日本は昔の小切手外交に逆戻り」 海自インド洋撤収で英専門家(産経新聞)
大藪春彦賞に樋口、道尾の2氏(時事通信)
posted by rovhbdzq2t at 13:14| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。